読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RCS第1戦 菜の花クリテリウム

どうもー!!

最近ちくわの良さにハマり、ちくわをくわえながら練習に励んでいます!

何がいいかって、タンパク質が豊富に含まれていて、脂肪が少ない!!

セブンイレブンで売っている100円で5本入りのちくわは、プロテイン1杯分のタンパク質が含まれてます。5本食べると、食べた感があっていい補食ですね🍢🍢

 

さてさて話題はそれましたが、4月15日、16日に出場したRCS第1戦菜の花クリテリウムに出場しました。

 

今回のレースはRCSシリーズの初戦だったので、結果を出すことを念頭にレースに挑みました。
1日目は普通のクリテリウム
足の調子は良くなかったので無駄足を使わず行ける時に行くことを意識してスタート。
スタートして各大学の選手がアタックをする中、集団中ほどで様子見。すると、日体大の岡部選手と石原がするするっと抜け出し300メールくらい離れた時、明治の野本選手が単独で追いかける。
あっこれ決まるかもと思って追いかけたが、テンポが遅れ野本選手が逃げに合流し3人になってしまい、そこから差が開き自分は集団に。
そこからは、逃げに順大の選手がいるので集団で脚をため、逃げを捉えた時に備えましたが、逃げが決まりラストのスプリントへ。

f:id:kurss7544lo485:20170417212815j:image

Photo by 清水


レース前にイメージしていた通りに走れたので、翌日につながるレースができたと思います。

 

2日目
ポイント形式のクリテリウム
アップしている時、昨日よりは足が回る事を確認。
スタートし、レースを日体大が完全にコントロール
岡部選手を勝たせる動きに野本選手や石原は中々逃げを決めれない。
自分は1度逃げを試みるが、足は相変わらずなく集団復帰。
岡部選手が連続でポイントを取る中、足を休めて後半勝負にかける。
周りを見ると結構疲れてそうだったので、後半2回連続でポイントを取りに行き10ポイント獲得。f:id:kurss7544lo485:20170417212909j:image

f:id:kurss7544lo485:20170417212915j:image

Photo by 清水
そこから、蠣崎と石原に声をかけアシストしてもらうことに。
2回のポイント周回を見送り、次のポイント周回で2人が完璧なリードアウトをしてくれたおかげで5ポイント獲得。あとは、ラストのポイントを取れば勝てる。

f:id:kurss7544lo485:20170417212937j:image

Photo by 清水
最終ポイント周回に入る前に順大トレインを組みポイント周回へ。
コース取りが厳しくなる中、2人は完璧にラインを作り最終コーナーへ。ただ、自分のうちから選手が割り込もうとしてたので、少しインに入りいつも通りスプリントをかけようとしたが、ペダルをかいてしまいうまくスプリントできず3着ゴール。

f:id:kurss7544lo485:20170417212953j:image

Photo by 清水
1位を取った野本選手に逆転され2位。本当に申し訳ない。完璧なアシストであったのに、自分のミスで勝ち切れなかった。

f:id:kurss7544lo485:20170417213013j:image

Photo by 清水

冬場の練習の成果もあり、初戦で結果を出せたことは一つ大きな成果だと感じてます。これからインカレに向け練習し調子を上げて行きたいと思います。

シーズンイン チャレンジロード

新学期が始まり、学連最後の年かと、しみじみしている今日この頃で(笑)

久しぶりの投稿になりました!

 

4月9日 チャレンジロード

カテゴリー A-E CSC5キロサーキット

70km (14周) 結果DNF

 

今年からエリートカテゴリーで走るようになり、自分がどこまで通用するのかを試すレースにしようと出走しました。

チャレンジは毎年ペースが速く、エリートカテゴリーはさらに速い!!!

アンダーならペースが上がっても少し落ち着くところで回復することができるが、エリートは中々ペースが落ちない。

ただ、4周までのペースアップはきついながらついていけた。冬場にいつもより体幹トレーニングをしていたので、シッティングで登る手応えがあった。

5周目に入り集団は30人程に絞られた。ホームストレートを超え登りで少し落ち着く。

そこから下って集峰定へ。

そこで愛三の選手がアタック、シマノやブリッツェンの有力4人程がまえに。

これ決まるやつだ!と思いこれについていけなければ勝てないと感じたので、全力で踏んだけど離れていく。これがプロか…と、やはり力の差を痛感。そこで力を使いすぎ、回復できずメイン集団についたが離れてしまいそこでレース終了。

 

そのあと、4人のアタックしたメンバーが勝ち逃げになった。

勝負の分け目まではついていけて、そこで自分のレベルを確かめられたことは今回の収穫。

今月は全日本学生クリテがあるので、今週はさほどテーパリングせずレースに臨んだので、足は重くきつかったが、それにしてもまだまだ力が足りない。しっかり計画的な練習を継続するしかない。

積み重ねを大切に、インカレで笑って終われるように頑張ります!!!

タイ合宿7.8.9日からの帰国!

本日日本に帰って来ましたー!!

日本に帰るまでに少しやらかしてごたごたがあったけど(ごたごたは恥ずかしいので秘密)無事帰国です!やっぱくそさみー☃️

 

話は合宿7日目

この日は前日に決めていたコースを少し変更!萩原さんの強い希望により裏プチを登り万頭屋さんへ!!13キロくらいの登り。しかも登り始めは激坂。ぜーはーぜーはーしながらも前日がオフ日だったので案外登れた!!

f:id:kurss7544lo485:20170212211248j:image

これが万頭!肉まんの肉なしバージョン(笑)

これが意外に美味しい。

万頭食べて、下り最後はペーサーをやって終了

総距離185㎞

 

8日目

道を間違えてショートカットしてしまい20キロくらい減った。ほとんど平坦基調だけど、最後はアップダウンをレース走した。足はいっぱいながらも少しずつ調子が出て来て、なんとかついて行けた。最後はお決まりのペーサー。

この日は短め160㎞

 

9日目 練習最終日

この日はドイチャンを目指しひた走る。

走る前に、ドイチャンはやばいってみんな言ってたからワクワク!

f:id:kurss7544lo485:20170212211835j:image

川を渡りドイチャンスタート。案の定やばかった。8キロの登り。激坂10連ちゃん(以上に感じた)1番軽いギアで登っても止まるかと思うくらい激坂。こんなの体験したことないーって思いながらも行けることまで石原についていった。

f:id:kurss7544lo485:20170212212021j:image

残り1キロくらいで力はてノロノロ登り、下って帰路に。最終日だから残り20キロ順大3人で逃げろーってなって3人でレッツゴー。

残り10㎞すぎたくらいでペーサーにつかまりラストペーサーやって終了

総距離200㎞

 

振り返ると、本当にこいーーー合宿で得るものが多く今後の練習にも生かしていきたいです!

 

タイは走りやすくて、人もみんなあったかくて最高な合宿でした♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

タイ合宿4、5、6日!!

サワディーカー

最近、少しずつタイ語を覚え始めてタイ人と少し会話が出来喜びを感じ始めました(笑)

 

4日目は、温泉屋を目指す160Km

そこの温泉の近くでマウンテンバイクのレースのアフターパーティに参加出来るとのこともありそのコースになりました。

 

基本平坦でしたが20キロくらい行ったところに1キロくらい登りがありしかも激坂(笑)

汗だくで登って下りあとは平坦。

f:id:kurss7544lo485:20170207232748j:image

 

最後の20キロバイクペーサーをやって温泉に到着。

 

温泉に入ってアフターパーティへレッゴー

f:id:kurss7544lo485:20170208101153j:image

f:id:kurss7544lo485:20170208101145j:image

 

夜は少し町を散策して宿で一泊!

 

合宿5日目 休息日

この日はキムさん達と合流してシーハーパークというでっかい公園に!

f:id:kurss7544lo485:20170208101145j:image

宿から車の荷台に乗って向かう( ´ ▽ ` )

日本じゃこんなことできないわー(笑)

 

f:id:kurss7544lo485:20170207233239j:imagef:id:kurss7544lo485:20170207233243j:imagef:id:kurss7544lo485:20170207233448j:imagef:id:kurss7544lo485:20170207233303j:imagef:id:kurss7544lo485:20170207233309j:image

シーハーパークではキムさんの奢りでピザやティーボーンステーキをがっつき巨大ターザンロ

ープをやったり動物と戯れたりして十分に羽を伸ばして休息できました!!

 

合宿6日目

今日は麻由子さんの強い希望で山の上にある万頭屋にいき万頭を食べに行くことに!

万頭屋まで70キロ平坦や辛いアップダウン最後に13キロの激坂を含む登り!!!

登りはマーージできつかった(笑)

f:id:kurss7544lo485:20170207233721j:image

そしてこれが万頭

肉まんの肉なしバージョン(笑)

でも意外とうまかったんだなー

あとはまたアップダウンから下ってバイクペーサーをやった終了!

距離は175キロくらい。

今日もしっかり追い込みました!

 

タイ合宿3日目!!

サワディーカープ

(こんばんは〜)

 

今日はチェンマイでやっているマウンテンバイクの大会を見に行くという練習でした!

 

今日は象に会いに行くぞ!と言ってスタート(笑)マウンテン会場に象がいるのか

 

f:id:kurss7544lo485:20170204230502j:image今日の朝ごはん

いつもより少し早めに食べてレッゴー

 

ほぼ平坦だったけど、一箇所1キロくらい平均8%くらいを登り汗だくで下る

昨日途中帰還したから、足は少し回復してまーまー登れたかな

 

そのあとダートをすこし通って平坦をひた進む

会場まで85キロくらい

f:id:kurss7544lo485:20170204230759j:imagef:id:kurss7544lo485:20170204230817j:image

ダートを走ったせいでドロドロ(笑)

 

レース会場を少し戻ったとこで昼食

この近くに…でた象!!!

f:id:kurss7544lo485:20170204231147j:image

 

あとは帰るのみ、帰りは平坦でバイクペーサーで仕上げ!順調に進んでるなか、前の石原がはすって落車(u_u)

それに突っ込み俺も落車(u_u)

幸い自分はエンドが曲がっただけで、交換して済んだけど、石原のチャリが(u_u)(u_u)

パックリ折れてた(u_u)

 

石原は迎えにきてもらい、残りの30キロもバイクペーサー

 

終わってみれば200キロ

今日は色々あったけどやりきりました!

 

タイ合宿に参戦!!!

こんにちは!!

ただいま順大の長距離班は、タイ合宿に参加してます!

 

日本とは真逆の気候!

気温は25〜30℃で凄く暑いです💦

 

1日目はチェンマイから合宿所があるチェンライまで向かう230キロ走りました。

途中2つの山を越え最後は平坦を突きすすみ7時間で到着。1日目にして足がやばい_| ̄|○

 

途中の補給で食べたタイラーメン

日本の麺より腰がなくてべちょったしてたけど味はベリーグッドf:id:kurss7544lo485:20170203181330j:image

 

そして2日目にさの今日。

トューンという町を過ぎて100キロのアップダウンや山を越えて帰ってくる練習。

 

朝ごはんを近くのお店で食べてレッゴー

f:id:kurss7544lo485:20170203202952j:image

 

今日の足の調子は最悪。

踏んでも力が入らない(u_u)

おそらく昨日の疲れが取れてない

 

15キロくらい行ったとこからアップダウンを、少しいき登りスタート。

全然進まない。というより踏んでも力が入らない。ペースで登ってあるのに3〜4キロ登ったくらいで千切れてしまう。

そこから一人トボトボ15キロくらい登り休憩所へ。

先頭からかなり遅れてしまい、この先もまだ登っていくから、帰った方がいいのではと言われ(内心最後までいきたいが)今日の調子ではダメなので一人帰路へ。

 

2日目にして、1日のメニューを完遂できないとは…ただ、まだ残り1週間あるので切り替えて、これからの練習を全てこなせるようにします!

浮城の町行田ラウンド

今年も行田クリテリウムの季節がやってきました!!っとなると今はオフシーズンまっただ中。4月から始まるシーズンに向けて一から身体を作り直し、ベースを作るための乗り込みの時期です。

 

話は戻り、11月13日に埼玉県の行田市で行われた行田クリテリウムに出ました!

 

コースは2キロの田んぼ道を15周

コースはテクニカルなコーナーはないものの、5個あるコーナーでインターバルがかかり、周回をこなすごとに足にくるコースです。

 

この日は暖かく、30分くらいローラーでアップをし、スタートまで20分前くらいは実走してスタートラインへ

 

スタート地点、空は晴れ渡り銀杏の黄葉がきれな中のレースで気持ち良かったなぁー

f:id:kurss7544lo485:20161119200317j:image

phot by 深井さん

 

スタートして1〜4周、ペースが速くコーナーの度に集団が縦に伸びていく。自分は後半勝負と決めていたので、1周目は集団の後ろにいましたが、後ろだとダメージが大きいので少しずつ位置を前にする。

f:id:kurss7544lo485:20161119200937j:image

phot by 深井さん

 

5周回に差し掛かり、集団から5〜6人が抜け出し逃げが出来る。その中に1年の石原がいたので、逃げを追わず集団で待機。

集団にはリーダージャージを着ている明治の選手と総合2位の日体の選手がいたので、この2人が逃げを追うタイミングに注意して走ってました。

 

周回をこなすごとに逃げとのタイム差が広がる。10周回、残り5周のところで逃げとのタイム差が30〜40秒。すると予想通り、日体の選手がアタックを繰り返し前を追う。そこに明治や法政の選手が乗っかり前を追うところに自分も反応。前を追おうとするがうまくローテが回らず逃げとのタイム差が縮まらない。

f:id:kurss7544lo485:20161119201439j:image

phot by マネージャー

 

残り2周で、逃げきりが濃厚になり集団は牽制に入る。ゴールスプリントに向かう集団。全選手がどこの番手に入るかで空気が張り詰める。

いよいよだな。

 

ラスト1周。メンバーを見て4.5番手で最終コーナーを曲がってスプリントをすれば集団での1番は取れると思ったので、最終コーナーの手前のコーナーで5番手に着く。イメージ通りだ。後はスプリントをかけるタイミングのみ。

最終コーナーを曲がり、前の2人が早めにスプリントをかける。ここだ!

したハンドルをギュッと握り、スプリント最初の一歩をかけた瞬間

パーン

 

気づくとチェーンが外れてる。前に進まない。

結局、もがくことが出来ず惰性でゴールに。

番手、タイミングは悪くなかった。

ただ、機材の準備が万全でなかった。

f:id:kurss7544lo485:20161119202421j:image

phot by 深井さん

 

 

ロードレースは機材スポーツ。

体、精神の準備が万端でも、機材トラブルがあると勝てない。つまり、機材面も実力のうちで、まだまだ実力不足であると感じさせられた。

 

あっという間に、学生のシーズンも来年が最後。自分の競技人生を先に進めるためにも、オフシーズンしっかり準備して、オンシーズンを迎えられるようにしていきます!

 

小さいことを積み重ねることがとんでもないところに行くただひとつの道
イチロー

 

この言葉を胸に!!!